fc2ブログ

今日のお菓子(中村軒さん)とお茶


今月は何かとバタバタと忙しく大変でした。先日やっと家の周りの掃除ができて少しスッキリとしました。これまでの自分では考えられなかったことでしたが、継続して掃除していると、少し掃除できないと気持ち悪いものですね。

さて今日はそんなバタバタしていたせいで紹介できなかったお菓子とお茶のご紹介です。そういえば三井記念美術館に行った際の感想もまだ書けておりませんでした。近日中に公開します(もう展覧会は終了してしまいましたが・・・)。
お菓子85
中村軒さんのお菓子でイチョウですね。随分前に食べたのでどんな味だったかはっきりは覚えておりませんが、柔らかい美味しいお菓子だったと思います。このお菓子はお稽古で使用しなかったので、感想などを余り詳しく書き残していません。

普段はお稽古の後にその日使用した道具やお菓子、お茶を書いて、お稽古の際のポイントなどを簡単に書いておくのですが、今月は本当にバタバタしており満足に書き残すことができませんでした。来月は師走ですが、落ち着いてちゃんと効率的に行動できるようにしたいですね。

さてお茶も結構前に買ったものですが、一保堂さんの「月影」というお茶です。
茶11
こちらは9月から11月までの期間限定販売だそうです。一保堂さんの期間限定販売のお茶は以前ご紹介した「駒昔」がありましたが、そちらは私の好みに全く合いませんでしたが、こちらのお茶はそこまで苦手な味ではありませんでした。

しかし、やはり私は柳桜園さんのお茶の方が好みに合っています。これは当流のお茶の量(多め)や濃さ(濃いめ)にも関係しているのだろうとは思うのですが、まだその辺りは詳しく検証できておりません。もう少し余裕ができれば色々試してみようと思います。余裕ができればなんて思っていても、結局は忙しくなりそうなので、年明けに本腰を入れて取り組もうと思います。ちょうど信頼できるパートナーに巡り合えましたので、少しは客観的に検証できるかと思います。

自分が飲むだけであれば主観的な評価で全く問題ないのですが、そうではありませんから。しかし、以前に比べたら私が人前で点前をしてお茶をお出しする機会も減った気がしますが、やはり当家でのお茶事などでは私が点前することになりますからね。

ただそれも生徒さんに経験を積んでもらうためにお願いしていくことになっていくのだとは思います。実際今回の山荘公開の呈茶では私は一度も点前しませんでした。生徒さんが増えて上達されるのは嬉しいのですが、自分で点前しないというのも少し寂しい気がしますね。




ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。



スポンサーサイト



テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

山荘の紅葉


今日は昨日に引き続き松殿山荘の秋の公開の際の様子を。昨日は茶席の様子でしたが、今日は紅葉の写真です。

紅葉2
鮮やかな赤や黄色、そして少しくすんだ赤と様々な色があり綺麗ですね。なおこちらは「筆塚」で、流祖の使用していた筆が納められています。

紅葉1
こちらは少し紅葉が散っていますね。もう少しすると紅葉のじゅうたんの上を歩くこともできます。この辺りの紅葉は祖父が植えたものが結構あります。またそれ以降に自然に生えてきた紅葉もあり、それぞれに違った風情で楽しませてくれます。

紅葉の名所などで赤一色の景色が見られることもありますが、個人的には緑や黄色など違った色が混じっている方が好きです。「月も雲間のなきは嫌にて候」というのは珠光の言葉とされていますが、私も全部赤よりも、珠光の言う雲間のようなもの(他の色)があった方が良く見えるように思います。もっとも私は雲のない月は好きなのですが…

なお最近では茶席の取り合わせで「○○づくし」といったことをされることも増えましたが、あれは私は余り好きではありませんね。先の珠光の言葉からも余り良いものとは思えません。また紅葉の綺麗な頃に紅葉の絵などの道具ばかりを使われることもありますが、珠光の言葉だけでなく、利休の朝顔の故事を考えると「あれで良いのだろうか?」と疑問に思うこともあります。そういったことを当流ではいたしませんので詳しいことは分かりませんが、どうなんでしょうね。




ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。



松殿山荘公開の呈茶(2014・秋)


今日は先日の松殿山荘公開の際の呈茶席の様子をご紹介させていただこうと思います。
山荘5

今回は春の公開時と違う部屋となりましたので、雰囲気が少し異なりますね。今回は前回と違い一席17名くらいの人数でしたので、こちらの部屋でもお座りいただくことができます。まあ本音を言えば、もう少し少ない人数で座る場所も余裕を持たせてする方が望ましいのですが、そうするとお待ちいただく時間が長くなりますので難しいところです。

前回とは棚が違いますが、こちらは遠州好みの「転合庵(てんごうあん)棚」という棚です。当流は小堀遠州流の流れの流派ですので、遠州好みの道具を使うことが多いです。流祖である高谷宗範の好みの道具もあることはありますが、ほとんどありません。まあ遠州好みの道具は良いものが多いので、困ることは特にないですね。

なおこの写真では見えませんが、この部屋からは外の紅葉がよく見えます。茶会ということであれば、障子を閉めて景色が見えないようにすることがほとんどですが、今回は呈茶席ということなので、気楽に楽しんでいただこうと景色を見えるようにしております。

ただ、残念ながらその写真を撮り忘れてしまい、ご紹介することができません…さらに今回は床の間の写真も撮り忘れてしまいました。ちょっと早めの水仙が随分綺麗だったのですが、勿体無いことでした。元々は花を飾る予定ではなかったのですが、母が生けていた水仙が随分綺麗だったので急遽生けてもらいました。その関係で道具を変更しなければいけなかったので色々大変ではありましたが、お客様の評判も上々だったようなので良かったです。

ちなみにこの写真でお点前されている方は今年の5月からお稽古されている方なのですが、もう人前でお点前されるようになりました。教えさせていただいている私も予想もしていなかったことですが、早い方はその位で進まれます(この方々が優秀なのでしょう)。もちろん早ければ良く、遅いから悪いという訳ではありませんので、ご安心ください。

半年くらいで人前で点前できるようになるなら私も習ってみたい!と思われる方はぜひお気軽にご連絡いただければと存じます。ただ全員がそのくらいのペースで習得されるという訳ではありませんので、ご注意ください。




ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。



テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

濃茶を点てる2


またまた更新が滞ってしまいすみませんでした。最近本当に目が回る程の忙しさです。よく「忙しいという字は心が亡くなると書く」と言われたりしますが、そうならないように気をつけたいものです。

先日から当教室のお稽古で濃茶をされている方がいらっしゃいますが、少し私がアドバイスしたらものすごく上手に点てられるようになってびっくりしました。
濃茶8
この時は生徒さんと私の2人分を点てていただきました。2人分というのもそんなに簡単ではないのですが、これだけ上手に点てることができれば大したものだと思います。

濃茶9
飲んだ後はこのような感じでした。ダマができたり、混ざりきってない部分もなく、綺麗に点てられていますね。濃さもこの位で良いかと思います。もう少し濃い目が好きな方、この位だとお茶が落ちてこないので勿体無いと思う方などいらっしゃると思いますが、私は2人分であればこの位が好きですね。

濃茶10
なおこちらは私がその後で点てた1人分の濃茶です。私は1人分だと上の写真のものよりも薄めにすることが多いですね。そうしないと量が少ない為、余りお茶が落ちてこないのです。写真の関係もありますが、私の点てたお茶の方が光沢があるように見えますねと負け惜しみ(?)を言っておきます。

実は上の写真の濃茶を点てた方はお茶を習い始めてまだ半年という方なのです。半年の間にこんなに色々できるようになるとちょっと嫉妬してしまいますね…私がお茶を習い始めて半年の頃はどんな感じだったのでしょう?こんなに上手に色々できていたということは無いということだけははっきりしています。

私ももっと精進しなければいけませんね。でも写真はありませんが、昨日の自分の稽古では3人分の濃茶を非常に上手に点てることができました。最近自宅以外の場所ではとても上手に濃茶を点てることができています。自宅でも上手に点てられないといけないのですが…




ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。



テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

さすがに少し疲れました


昨日は朝から松殿山荘の公開の呈茶席の準備をして、そのまま知人の結婚式のお手伝いをし、午後はまた山荘に戻り、そして夜は披露パーティーに出席するというハードな一日でした。

今回ご結婚される方はお茶で知り合った方だったのですが、結婚式の前にご両家のご親族の方にお茶を召し上がっていただきたいということで、私もお手伝いをさせていただきました。

神社での神前式の結婚式ということで、神社の茶室をお借りしてお茶をお出しされました。道具は大体のものを当家からお持ちさせていただきましたので、なかなか大変でした。山荘の公開の呈茶と同時平行で準備をしなければいけなかったのは初めての経験だったので、良い勉強をさせていただきました。

何よりも、ご結婚に際してこれまでお世話になったご家族に感謝の気持ちとしてお茶をお出ししたいというお二人の気持ちに心動かされるものがありました。どうぞ末永くお幸せに。

さて今日もこれから山荘の呈茶があります。帰って体力に余裕があればそちらの様子もご紹介したいと思います。




ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。






テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

今日のお菓子(かぎや政秋さん)


昨日同期のことを書きましたが、今日その同期から連絡があり、お茶が手元に届いたので早速点ててみたそうです。研究熱心な彼は泡の立ち方などを考えつつ4杯も点てたとのこと。すごい熱意ですね。私も負けずに頑張らないと!

今日は随分前にご紹介したお菓子を。
お菓子83
かぎや政秋さんの「益寿糖(えきじゅとう)」と「ときわ木」です。前回は赤いお盆に盛っておりましたが、今回は寄木細工のお盆です。

以前ご紹介した2月以来食べておりませんでしたが、相変わらず美味しいお菓子でした。今年も残すところ後1ヶ月とちょっとですが、随分色々なお菓子をご紹介させていただいたものです。

これだけご紹介させていただいてもまだ食べたことの無いお菓子が京都にはたくさんあります。もっともお稽古でお出ししたお菓子を全てご紹介した訳ではありません。写真を撮る前に食べてしまったり、写真が上手く撮れていなかったりしたこともあります。今後も京都のお店を中心に美味しいお菓子をご紹介していければと思っています。




ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。



テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

同期が遊びに来てくれました


先日現在は岡山にいる会社の同期が当教室を訪ねてきてくれました。その同期はお寺などが好きで京都には時々来ているので、都合がつけば京都を案内したり、一緒に食事したりしていました。

今回は鳥獣戯画の展覧会を見に来ていました。彼は昔から鳥獣戯画が好きだったそうで、いつだったか鳥獣戯画の扇子をプレゼントしたことがありました。それくらい鳥獣戯画が好きなので、今回の展覧会は絶対行こうと思っていたそうです。さすがにものすごい行列には閉口していましたが…

そんな伝統的なものが好きな彼はお茶にも興味があり、煎茶へのこだわりはかなりのものがあります。しかし、普段は抹茶は飲まないということだったので、この機会に抹茶の良さを知ってもらおうと思いました。

その日はちょうどお稽古の日だったので、まず生徒さんに点ててもらったお茶を飲んでもらい、その後で茶筅を振ってもらいました。茶筅を振るのは初めてと言っていましたが、とてもそうは見えない仕上がりでした。こういった時に「私の教え方が良いからだ」と言えれば良いのですが、彼のセンスによるものとしか言えませんね。

現在彼は会社の寮で生活しているので、以前このブログでも紹介した身の回りにあるもので簡単に楽しめるような方法も伝えておきました。さすがに茶筅は無いと厳しいのでプレゼントしましたが…まあ水筒のようなものに入れて振るという方法も無くはないのですが、どんな味になるか試したことが無いので勧めはしませんでした。

実家に保管してある、お客さま(彼は営業をしています)からもらった茶碗が届けば家でも気軽に抹茶を飲んでくれることでしょう。私のおススメのお茶も伝えておきました。

社長(彼のあだ名です)!ぜひ楽しんで美味しいお茶を点ててくださいね。またお茶を飲みに来てください。




ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。




今日のお茶(柳桜園さん)


今日は先日購入しましたお茶のご紹介です。
茶14
「初昔」と見えますね。
茶15
いつもの通り柳桜園さんのお茶ですが、今回はいつも注文する「錦上の昔」とは違うお茶にしてみました。値段は錦上の昔に比べると安いので、ちょっと不安な部分もありましたが…

濃茶11
結果は美味しいお茶だったので安心しました。もっとも錦上の昔の方が好みではありましたが、点て方などが違うとそこまでの差を感じることはできないだろうなと思いました。色つやも良いですね。
これで他のお茶も美味しいと分かりましたので、他のお茶もこれから試していこうと思います。

ちなみに柳桜園さんではいつもお茶を買いに行くとお茶を煎れてくださいますが、今回購入する為にお店を訪れた時にいただいたお茶も凄く美味しかったです。さすがプロが煎れるお茶は美味しいなと思いました。抹茶なら良い勝負ができるとは思いますが、煎茶や玉露では勝負にならないでしょうね。




ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。




テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

今日のお菓子(幸福堂さん)


最近当教室のお稽古を見学に来られる方が何人かいらっしゃいます。と言っても、皆さん私の知り合いの方ですが…新しい生徒さんも随時募集しておりますので、ご興味があれば是非一度お気軽にご連絡くださいませ。

今日はそんな教室に遊びに来ていただきました方からいただいたお菓子のご紹介です。
お菓子84
京都の幸福堂さんのお菓子です。初めて知ったお店ですが、柔らかいお餅で私好みの味でした。このお菓子をくださった方は、当流とは非常に近い流派のお茶をされていて、お茶屋さんやお菓子屋さんには詳しい方です。

こうやって新しいお店を知ることができるので、自分の流派以外の方と親しくさせていただくことができて良かったなと思います。特にこのお菓子を持ってきてくださった方とは、削った茶杓を見せ合ったり、蓋置などを作るための竹を切りに行ったりと色々と一緒に楽しませていただいています。

お菓子の話に戻りますが、今回は私がお菓子を盛っている時間がなかったので、母に盛ってもらいました。そうすると上の写真のように盛ってくれました。中に入っているのは当家の庭にある柿の葉です。

余り普段はこのように食べられない物は盛り付けに使わないですが、たまにはこういったことも面白いですね。しかし、一つ大きな問題がありました。

このお菓子を盛っている器ですが、こんな菓子鉢は初めて見るようにも思うし、でもなんか見たこともあるような…と思っていました。良く見てみると私が買った茶碗でした。この茶碗はかなり大きく、小間で濃茶を飲みまわしするような時にでもと思って買ったのですが、「菓子鉢にも使えるからいつかそうして使ってみよう」と考えていたら見事に先を越されました。

よくどこに仕舞っていたか知っていたものです…まあ私も母の道具を随分使っていますからお互い様です。




ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。



テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

寒くなってきたら…


今日は寒かったですね。日中は日が差していたので、少し過ごしやすかったですが、京都の最低気温は4℃だったそうで、朝家の前を掃除しているときは寒かったです。この寒さで紅葉は一気に進んだかもしれませんね。明日からの週末は京都は凄い人が多くなりそうです…

さて寒くなってくると私は手がかじかんで細かな動きがしにくくなります。お湯で暖めたり、手を握ったりして冷たくならないようにしますが、限界もあります。

当流ではどうやら細かな指の動きが求められる所作が多いそうです。これは先日お稽古に来られた方が仰っていました。その方は以前千家のお茶をされていたのですが、「比べると随分細かな動きが多く、難しい」とのことでした。もっとも私がかなり細かいことまで言っているだけなのかもしれませんが…

さてそんな細かい動きが求められる当流の点前では、手がかじかんで細かい動きができなくなると大変です。なにかの拍子に、茶杓や柄杓を落としてしまうこともあるかもしれません。私はそういったことはありませんが、緊張して手が震えて落としてしまったいうこともあるかもしれませんね。

そういった時にどのように対応するか?というのはなかなかお稽古する機会がありません。お稽古の時に落とされたりすると、お伝えできるのですが、そうタイミング良く落とすものではありませんからね。いざ人前でお点前という時に限って普段では考えられないことが起こったりします。

「そういった時に落ち着いて行動する為に、普段のお稽古ではたくさん失敗することです」と私はお伝えしています。お稽古の時に緊張して、人前でする時にリラックスしてできることが理想かな?と思っています。そうなる為には経験と精神面での強さが必要でしょう。お稽古を積み重ねて、そのような状態になることを目指して頑張っていきましょう。




ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。



テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

現在製作中の茶杓


先日から「茶杓を削らないといけない」と思っておりましたが、先日なんとか2本完成させることができました。しかし、一度作り始めるとまとめて作る癖があるのか、現在新たな茶杓を製作中です。

茶杓8
このような感じで竹を曲げて、糸でくくって固定します。作り方は人それぞれだと思いますが、今回は私もこのように糸で固定しました。なお櫂先の角度によっては固定せずに作ることもあります。

茶杓9
こうやって紐で固定しておけば、その形に決まってくれます。

私の曲げ方は水に数日漬けておき(竹の種類などによって日数は変えます)、ろうそくの火であぶり曲げています。人によってはお湯で煮て曲げることもあるようです。なお、私が竹を購入するお店のご主人はアルコールランプであぶると仰っていました。

アルコールランプの場合、炎が揺れないのでピンポイントであぶることができ、自在に曲げることができるそうです。私は思い通りの場所で曲がらなかったら、それも味だと思って曲げているのでろうそくで十分です。まあろうそくでもほとんど思い通りの場所で曲がってくれます。

さて今回曲げた竹はどんな茶杓になってくれることでしょう?




ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。




テーマ : 茶道具
ジャンル : 趣味・実用

今日のお菓子


明日から随分寒くなるようですね。皆さんもお風邪を引かれないようにしてくださいね。

さて今日は干菓子のご紹介です。
お菓子82
今回は先日行った畠山記念館の帰りに日本橋の三越に寄ったらたまたま売っていたので、この2つのお菓子を買って帰りました。右は、風流堂さんの「古代山川」で、左のイチョウの形をしたお菓子は薄氷本舗五郎丸屋さんの「季節の薄氷」です。

山川は以前ご紹介した長生殿越之雪と共に日本三大銘菓(山川の代わりに鶏卵素麺が入る場合もあり)として知られていますね。
これで当教室では日本三大銘菓をこの3ヶ月くらいの間に全部お出ししたことになります。個人的にはこれらのお菓子よりも好きなお菓子は幾つもありますが、話のタネにはなるでしょうから良かったのではないでしょうか。

なおこの山川は現在の島根県、松江藩の藩主松平不昧公のお好みになったお菓子として知られていますが、こちらの風流堂さんは明治の創業なので、不昧公がこちらのお店のお菓子を召し上がった訳ではありません。なおこの風流堂さん以外にも何件か「山川」を作られているお店があるようです。

ちなみに偶然ですが、畠山記念館でお茶をいただいた際に食べたお菓子もこの古代山川でした。ちょうど不昧公の関連の展覧会でしたからね。

薄氷は以前もご紹介しましたね。あの時はウサギの形をしていましたが、今回はイチョウでした。前は少し湿らせてしまったので、今回は早く食べきろうと思います。




ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。



テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

今日のお茶(柳桜園さん)


今日は久しぶりにお茶のご紹介です。
茶10
柳桜園さんの「雅の白」です。私が最も好きなお茶屋さんの一つで、最も好きな薄茶の一つです。最近いつもこの薄茶なので、ちょっと柳桜園さんの別のお茶も試してみようと思っています。

なお極めて個人的な意見ですが、こちらのお茶は全体的に香りは薄めですが、非常に味の良いお茶だと思っています。旨みがあり、まろやかさを持ちつつ、爽やかな後味が残るという感じです。

私はここのお茶に出会うまでは正直お茶が余り好きではありませんでした。しかし、こちらのお茶を初めて飲んだ時に「お茶って美味しいんだ!」と初めて気が付くことができました。それからは他のお茶でも美味しく飲めることも増えましたが、やはり私はこちらのお茶が好きですね。

なおこの写真の物の前に買った雅の白が今まで飲んだ中で一番美味しかったので大事に飲もうと思っていたら、母が勝手に人にあげてしまっていました。残念です…
またあの味に出会えることを願うしかありませんね。

どういったものでもそうだと思いますが、まず自分の好みの物を見つけるとそこからもっと世界が広がるように思います。皆さんも是非自分の「本当に好きなお茶」を探してみてください。また皆さんのおススメのお茶があれば是非教えてください。




ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。




テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

炉と風炉の切り替えについて


昨日宇治市営茶室の対鳳庵にお手伝いに行ったことはもうお書きしましたが、あちらでは今月の1日から炉が開かれていました。

お茶を習い始めて苦労することの一つが、炉と風炉の点前の切り替えだと思います。どうしたら戸惑わずに切り替えられますか?と質問されることもありますが、こればかりは「慣れ」しかない気がします。

それでは身も蓋もないのでちょっとしたコツを言うならば、当流の場合、座る向きと置く場所が少し変わるけれども順番は変わらないということです。もっとも濃茶の場合は少し手順が増えたりしますが、そこまで習得された方ならば余り戸惑われることもないでしょう。

後は風炉の点前か炉の点前のどちらか一方をしっかり記憶してしまえば、それぞれの相違点を考えれば近道だと思います。慣れてくると両者の違いなど余り気にすることなく勝手に身体が動いてくれますから、そんなに心配せずに気楽にされることです。

私は点前座に座ってしまうと後は身体の動くのに任せてしまいますね。昨日も今シーズン初めての炉の点前でしたが、何も考えずに自然と身体が動いてくれました。慣れるとこのように身体が勝手に動いてくれますから、それを信じてお稽古することが一番の方法です。

基本の点前をしっかりと覚えれば、後は自然と炉でも風炉でもどんな点前でもできるようになります。ただ基本の点前をしっかりと覚えることが一番難しいのだとは思いますが…




ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。



テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

茶柱


昨日は久しぶりに宇治の市営茶室「対鳳庵」のお手伝いに行ってきました。こちらでは毎月使う道具が決まっておりますので、当流では使わない道具も多く、また取り合わせの考え方も大きく違う為、いつも一種の「やりにくさ」を感じてしまいます。

そんな難しい状況の中、ちょっとした良いことがありました。
茶柱
お昼を食べている時、飲んだお茶に茶柱が立ちました。写真では見にくいですが、綺麗に立ってくれました。
ちょうど昨日はお稽古に来られている方のご姉妹の結婚式だったので、大変おめでたい気がしました。

なかなか毎日大変なことも多いですが、こうしたちょっとしたことで嬉しい気持ちやホッとした気持ちになれますね。当教室もそんなきっかけを作れるような場になれればと思っています。




ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。



プロフィール

山荘流茶道教室

Author:山荘流茶道教室
京都市東山区にて山荘流の茶道教室を開講しております。
静かな環境で非日常を楽しめる教室を目指しています。

初心者の方から丁寧にお教えいたします。もちろん他の流派を習っていた方やブランクのある方も大歓迎です。

ご興味を持たれた方や習ってみたいなと思われた方は、どうぞ気軽にメールフォームからご連絡ください。

リンク等について
当サイトはリンクフリーです。 画像・文章についても自由に引用していただいて構いませんが(「画像提供:東京国立博物館」とあるものを除きます)、引用元の表示とリンクをお願いいたします。
リンク
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
このブログの記事画像
このブログの最近の画像です。よろしければこちらの記事もどうぞ。
最新コメント
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
広告
最新トラックバック