fc2ブログ

最近の薄茶の点て方


いよいよ今日で7月も終わりですね。この数日暑い日が続いていますが、来週は少し暑さも和らぐかも…との週間天気で少し安心しています。

先日、0.01グラム単位で計測できるはかりを買いました。というのも、お茶を点てる際に自分は一体何グラムのお茶を入れているのだろう?そしてそれはいつも一定なのだろうか?ということがふと疑問に思ったからです。

量ってみると、自作の茶杓であれば常にほぼ0.8グラム前後であることが分かりました。昔はもう少し多かったと思いますが、最近はこれくらいに落ち着いているように思います。と言っても量ったのは今回が初めてですが。

お湯は大体60㏄程でした。これも昔より少し減っているかと思いますが、量の一定性は昔よりも高まっていると思います。慣れない内は、茶碗に入ったお茶やお湯の量を基準に考えてしまいますが、それでは安定しません。

茶碗が変われば見た雰囲気も大きく異なりますから、見た目に頼ると量はバラバラになります。もちろん、その時の状況に応じて量を変えることも必要だと思いますが、常に一定の水準のお茶が点てられることも必要だと思います。

また自分なりの基準も持っていれば、そこから調整するのもしやすいように思います。そういった意味では、常に同じ量のお茶やお湯を感じることができるというのは大事なことと言えるでしょう。

少し想定と話が逸れそうなので元に戻しましょう。現在、色々なところで薄茶を点てるには1.5~2グラムのお茶に、70~80㏄のお湯が必要と言われていることが多いように思いますが、それと比べると私のお茶は薄目ということになりますね。

しかし、お茶の味も様々、点てる人の腕も様々、そして好みも様々である以上、「これがベスト!」というものはありません。泡をしっかり立ててクリーミーなお茶にしたい場合は濃い目の方が泡立ちは良いでしょう(腕があれば薄目であってもクリーミーな泡を楽しむことはできますが)。

私のお茶が薄目になったのは、美味しいお茶との出会いもあるでしょうし、美味しい干菓子との出会いも大きいと思います。最近のお茶会などでは薄茶であっても生菓子が出されることが多いですが、私は干菓子と優しい味の薄茶の組み合わせが今は気に入っています。

昔はよく生菓子と薄茶を出すような場所(宇治の市営茶室「対鳳庵」など)でお茶を点てていましたが、最近はそういう機会がほとんど無くなりました。代わりに自宅での茶事など、私がお茶もお菓子も決められる状況でお茶を点てることがほとんどになりましたので、お茶の点て方も変化してきたのだろうと思います。

なかなか自分なりの方法を見つけるのは難しいですが、皆様も色々と工夫されては如何でしょうか?

菓子206
随分前に写真だけ撮って紹介し忘れていたお菓子。「花子(はなご)」さんのお菓子で、銘は忘れてしまいましたが、アジサイのお菓子ですね。風流な銘がついていた気がするのですが、結構前のことですから全然思い出せません。





ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。






スポンサーサイト



テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

稽古不足がついに…


気のせいかもしれませんが、昨日は随分暑かったように思います。湿度が高いのかな?と思い時計についている温度計を見ると、気温も湿度もそう高いわけでもありませんでした。もしかすると夏バテ気味なのかもしれませんね。

先日の当教室のお稽古の際にふと「最近自分の稽古の量が足りないのでは?」と感じました。実はもう少し前からそういう兆しはあったのですが、目を背けていました。教えることも大事ですが、自分の稽古をおろそかにしてはいけませんね。

個人差はあると思いますが、週に一回くらいは稽古することが理想的でしょう。趣味でお茶を習う方はこの限りではありませんが、人に教えるということを目標にしている方、実際に教えている方は最低限これくらい稽古をしておかないと腕が落ちるように思います。

とはいえ、なかなか時間が取れない現代です。最初から最後まで通して稽古をする時間が取れないという方も多いかと思います。そんな時は何か特徴的な動きを集中して稽古するだけでも良いので、間隔をあけずに稽古することが大切だと思います。

教えることができるくらいまで稽古をした方であれば、当然自分一人だけでの稽古もできることと思いますが、時々は誰かに点前を見てもらうことも大事だと思います。自分でも気が付かないうちに変な癖がついていることもありますし、人の目があることで緊張感を持って稽古することができるかと思います。

菓子205
先日の祇園祭の際の菊水鉾の茶会でいただきました亀廣永さんの「したたり」です。随分このお皿もたまりました。

そういえば、先日『ナースときどき女子』というサイトの「習い事&趣味ブログまとめ ~夢中になれるものがあるって幸せ♪~」という特集記事にて当ブログが紹介されました。これを機に茶道に興味を持つ方が少しでも増えると良いのですが。





ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。






テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

久しぶりの「水屋の点て出し」で気がついたこと


またまた随分と更新が滞ってしまいました…ちょっと体調が思わしくなかったり、忙しかったりで書くことが思いつきませんでした。その間に気が付けば梅雨が明けましたし、祇園祭の宵山も山鉾巡行も終わってしまいましたね。あっという間に7月も終わりです。

一昨日は当流の師範者研究会、昨日は朝から夜までお稽古と「お茶漬け」の週末でした。まあ、いつもの週末と言っても良いのですが、今週はちょっと忙しかったように思います。

少し前にある茶会のお手伝いをさせていただき、久しぶりに水屋での点て出し(「陰点て」などとも言われる水屋でお茶を点てること)をさせていただきました。昔から余り水屋で何かすることよりも点前をするなど人前に出ていることの方が多かったのですが、今回は完全に水屋に籠りっきりでした。

お茶をされている方には「何を今更」なことですが、大人数での茶会であれば一人一人にお茶を点てていると日が暮れてしまいます。そこで水屋でお茶を点てて運びます。お客さまの人数が多いと水屋はもう大変です。

思えば今回私は300~400碗くらい点てたのだと思いますが、なかなか大変でした。途中慌ただしくなってくると茶筅を両手に持ち「二刀流」で対応しないといけないくらいの時がありました。こういう時は左利きで良かったかなと思います。

この方法で点てることはまず無いでしょうし、できる人がそもそも非常に少ないと思いますが、何かの参考になればと思いますのでちょっとしたコツなどを書いてみようと思います。

まず、この点て方の一番難しい部分は茶碗を押さえることができないということだと思います。右利きの方からすると「左手で茶筅が振れない」という部分が一番の難点だと思いますが、意外と難しいのが茶碗を押さえることができないことかと思います。

試しに普通に右手でお茶を点てる際に左手で茶碗を押さえずに点ててみてください。結構難しいと感じられるかと思います。もしかすると「いやいや、何を言っているんだ。そんなこと位朝飯前だろう」と思われる方が多いかもしれませんが、人の点前を見ているとお茶を点てる際に左手に力が相当入っている人が多いように思います。

茶碗を押さえずにお茶を点てるには茶筅の可動域を限定させることが必要になります。必要以上に茶筅を動かすと茶碗が倒れてしまいます。しかし、余りにも動かさないとお茶が点てられません。このさじ加減が結構難しいと思います。

ただ、慣れれば左手で茶碗を押さえずとも、茶碗が揺れることもなくお茶を点てられるようになります。それができるようになったからと言って何か結果が劇的に変化するということは無いと思いますが、自在に茶筅を操ることができることが上手にお茶を点てる為の一歩であることが間違いないかと思います。

機会があれば挑戦してみてください(二刀流は必要ありませんが)。ただ、その際はお茶がこぼれても大丈夫なようにして、茶碗が傷つかないように注意してくださいね。なお、もし二刀流に挑戦する場合は同じタイミングでお茶が点てば最高ですね。





ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。






テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

続・手指の稽古


このところ湿気がすごいことになっていますね。当家の玄関は土間になっているのですが、湿度が高いとじんわりと濡れたようになります。それがずっと続くので革靴などはカビが心配です。

さて今日は先日ご紹介した手指の稽古の続きです。
手6
日常生活において手指をこのように使うことというのは余りないかと思います。個人的には余り苦労はしませんでしたが、非常に苦労される方もいらっしゃいます。

そこで、そういった方には以下のような方法で訓練することをお勧めしています。
手8
これは天目を持つ際に必要になる手の形です。柄杓と蓋置を持つ際にもこの指の使い方が必要になりますね。

手10
これは水指を持つ時にする手の形ですね。実際には親指も人差し指にくっつけます。

他にも
手9
こんな形や
手11
こんな形などがありますが、これらは具体的にする機会は無いように思いますが、指を自由に動かせるようになった方が良いので、こういった形も取り入れています。

これらの指の形を右手ならば左手の助けを借りずに、左手ならば右手の助けを借りずにすることができるように訓練します。私は昔ヴァイオリンを習っておりましたので、こういった指の訓練というのは苦になりません。

とはいえ、ヴァイオリンでこのような指の動きが必要になるのは主に左手ですから、右手はまた別に訓練する必要があります。そういう意味では右手は茶道で、左手は日常生活(左利きなので)とヴァイオリンで訓練されたのかもしれません。

なお、右利きの方は、右手はすんなりできても左手にものすごく苦労するということが多いように思います。反対に左利きの方は左手ができれば右手もすぐにできるようになることが多いです。恐らく、日常生活で右手もある程度使っているからだと思います。

そういった意味では右利きの方よりも左利きの方が有利と言えると思います。特に、当流では指の細かな動きが要求されるようですので、その傾向が強いかもしれません。茶筅を振るのはある程度大きな動きですから、慣れてしまえばそう苦になることはないでしょう。

まあ、右利き、左利きを問わず、ある程度稽古を積み重ねれば自然とできるようになります。日頃から手指を自在に操れるように訓練することが大事です。上の写真の方法はどこでもできますから良い方法かと思います。





ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。





テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

手指の稽古


今日は随分と涼しかったですね。京都では最高気温が26℃程だったとのことです。しかし、明日はぐっと気温が上がり、35℃くらいにまで上がるだろうということでした。10℃近くも気温が上がると体調を崩してしまいそうですね。明日は外出する予定なので気を付けようと思います。

今日は当教室のお稽古があったのですが、先日書きました和天目(わてんもく)のお稽古を随分と熱心にされた方がいらっしゃいました。天目の稽古では台と茶碗を同時に持つことがありますので、なかなかそれが難しいようです。

手6
このような感じですね。通常、左手がこのような持ち方になるのですが、写真の都合上、右手で持っています。また本来、親指・人差し指・中指はもう少し上の部分を持ちます。

もう少し角度を変えると、
手7
このような感じです。

今回苦労されていたのは親指ですが、多くの場合どの指とどの指がくっついて、どの指は離れるのか?というのが分からない、または分かっていてもできないということで苦労されます。

そういった細かな指の使い方というのは基礎の点前でも非常に重要なのですが、こういった難しい点前になるとさらに重要になってきます。なので本来は早いうちから細かな指の動きを稽古しておくのが理想的ではあるのですが、最初にそこまで細かなことをしていると先に進まなくなってしまいます。

その辺りは教える先生によって様々な方法がありますが、最初は余り細かなことを言わないようにしているつもりです。とは言っても生徒さんから見ると細かなことまで随分言っているように思われることが多いです。

自分では抑えているつもりなのですが…普段自分では意識していませんが、言葉にして説明すると自分でも驚くくらい多くのことを考えつつ点前をしているようです。今では一々考えているわけではありませんが、慣れていない時は考えながらしていたのだと思います。

考えながらではなく、自然とできるまで繰り返し稽古することが大事ですね。「言うは易く、行うは難し」ではありますが。




ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。





テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

アジサイのお菓子


今日も暑かったですね。京都では最高気温が37℃まで上がったそうです。こうなると熱中症が心配ですね。

さて、今日はアジサイのお菓子を2種ご紹介しようと思います。一口にアジサイのお菓子と言っても様々な種類のものがありますが、今日は生菓子のアジサイをご紹介します。

菓子202
こちらは鶴屋弦月さんのアジサイのお菓子です。上に乗っている透明のものは露でしょうか?

菓子203
こちらも近所のお菓子屋さんの末廣屋さんのものです。こちらの方は花弁(実際には「がく」ですが)が大きな雰囲気でしょうか。

どうでもいいことですが、このお菓子を注文したときに「朝顔のお菓子を3つください」と言ったのですが、その後すぐに「アジサイにしておけば良かった!」と思いました。しかし、もうお菓子を準備しに行かれたので断念しました。

ところが持ってきてくださったのは上のアジサイのお菓子でした。私が「朝顔」というつもりで「アジサイ」と言ってしまったのか、お店の方が勘違い(または聞き間違い)をされたのか、はたまた私の心を読んでアジサイのお菓子にされたのか?謎です。

私は昔から時々あり、目の前のAさんを呼ぼうとするとき、目の前にいるのが間違いなくAさんと認識しているのに、なぜか「Bさん」と呼んでしまうことがありました。それから考えると私の言い間違いの可能性が一番高いのですが、結果としてアジサイのお菓子の比較ができたので良しとしておきましょう。ちょっと書くことも増えましたしね(笑)

話が逸れましたが、このように同じものを題材にしていてもお店によって随分と雰囲気が異なります。味はもちろんですが、見た目や材料も様々ですから、自分だけのお気に入りを探すのも楽しいものです。ぜひ皆様もお気に入りのお菓子を探してみてください。




ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。






テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

誕生日を迎えて


昨日は暑かったですね。ちょうどお稽古だったのですが、余りにも暑くてお稽古が終わると風炉の灰を出しました。これで次回からは電熱でのお稽古になりますので、少しはマシになってくれることを祈っています。気休め程度にしかならないかもしれませんが…

突然ですが、先日誕生日を迎えました。32歳になったわけですが、何かのきっかけで年齢を思い出さないとすぐに忘れてしまいます。思い起こせば10代の始めの頃から自分の年齢が分からなくなることがしばしばありました。昔から自分や他人の年齢に余り興味がなかったのだろうと思います。

年齢というものはなかなか難しいもののようで、誰かを見た時に正確に年齢を当てられる人というのは非常に少ないことと思います。実際、私などは25歳くらいの頃に着物で点前していると中学生と間違われましたし、今でも「高校生ですか?」と言われることもあります。またある時は「落ち着いているから40代かと思いました」と言われたことがあります。

高校生と40代では20歳以上も幅があることになります。人によって見え方がこれだけ変わってくるものですから、余りあてにならないものと考えた方が良いのかなと思うことがあります。そんなことでか昔から余り年齢に興味がなかったのかもしれません。

話はガラッと変わりますが、お茶の世界では30代は非常に若い部類に入ると言われます。それだけ年配の方が多いということなのですが、若いから何も知らないということはありません。

若くても長いこと茶道を習っていて様々なことを勉強している方もいらっしゃいますし、定年後に習い始める方もいらっしゃることでしょう。なので、茶会に行った際に「この人は私よりも若いだろうからお茶のことを余りご存じないだろう」と思ってしまうと大変なことになります。

私も随分その「被害」に遭いました。特に私の場合、圧倒的多数派の作法とは随分異なることも多い為、余計にそうだったのかもしれません。まあ、そのお蔭で随分と他の流派の作法も知ることができたとも言えますから、嫌なことばかりではありません。

32歳を迎えたこの1年はどんなことが待っているのでしょうか?忙しくなりそうです。

食事3
誕生日の前日に友人のお店を手伝ったのですが、その後食事へ行きました。日付が変わり誕生日になったからと友人が御馳走してくれました。お店のご主人も美味しい料理で祝ってくださいました。






ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。






プロフィール

山荘流茶道教室

Author:山荘流茶道教室
京都市東山区にて山荘流の茶道教室を開講しております。
静かな環境で非日常を楽しめる教室を目指しています。

初心者の方から丁寧にお教えいたします。もちろん他の流派を習っていた方やブランクのある方も大歓迎です。

ご興味を持たれた方や習ってみたいなと思われた方は、どうぞ気軽にメールフォームからご連絡ください。

リンク等について
当サイトはリンクフリーです。 画像・文章についても自由に引用していただいて構いませんが(「画像提供:東京国立博物館」とあるものを除きます)、引用元の表示とリンクをお願いいたします。
リンク
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
このブログの記事画像
このブログの最近の画像です。よろしければこちらの記事もどうぞ。
最新コメント
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
広告
最新トラックバック