fc2ブログ

道具の扱いについて


昨日は凄い雨でしたね。日中は雷もすごかったようで、自宅では一瞬電圧が不安定になったのか蛍光灯が数秒暗くなったそうです。落雷は電子機器に影響を及ぼすこともあるので注意したいですね。

さて、今日は茶道具の扱いについて少し書いてみたいと思います。茶道を習っている方でも、教室で道具の扱いを丁寧に教えてもらうことは少ないかもしれません。点前のことや作法については大抵の教室で教えてられると思いますが、様々な道具の扱いを教えるというのはなかなか大変です。

「いやいや、扱いなんか当然教えてもらっていますよ」と思われる方もいらっしゃると思いますが、茶碗や茶器の扱いは分かっても掛け軸や風炉釜などの道具の出し方しまい方まで自信を持ってできるという方は少ないのではないでしょうか。

自分でも道具を持って、自宅でも稽古されている方にはそういった道具の扱いもしっかりと教えることが重要ですし、習われている方からも色々と質問されることと思います。しかし、「お茶の稽古は教室のみ」という方にとってはなかなか道具の扱いという部分まで興味が向かないということもあるかと思います。

特に習い始めて間もない頃は点前などを覚えるのに必死で、それ以外のことは頭に入らないということもあるでしょう。慣れてきたところでそういった道具の扱いなども考えられるようになると良いのですが、新しい点前を覚えることに楽しみを見出す方が多いように思います。

最近では「そのまま道具の扱いに目を向けることなく先生になる方も少なくないのでは?」と思うことがあります。実際に茶会などでびっくりするような光景を目にすることもありますし、すごい話を聞くこともあります。

確かに茶道では使う道具も様々ですから、そういった道具全ての扱いを茶道を習う方全員が知る必要があるとは思いません。しかし、なるべく早い段階から身近な道具の扱いには興味を持って、道具によって扱う際の注意が色々とあるんだなと知ることも大事なのではないかと思います。

教える方もなかなか手間がかかりますが、面倒くさがらずにしっかりと伝えていければと思っています。まあそのためには教える本人が日頃からきっちりと道具を扱うことが一番大事なのですが…こちらも面倒くさがらずに頑張りたいと思います。

そういえば、先日始めたTwitterですが、早速フォローしてくださった方がいらっしゃいました。ありがたいことです。ただ、余り使い方を理解しておらず失礼なこともあるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。




ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。




スポンサーサイト



テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

今月は「茶会の月」でした


突然ですが、Twitter始めました。「ブログ以外のSNSもやった方がいいよ」と言われたので始めてみたのですが、ブログも書けない状況で何を発信できるのでしょうか…心配ばかりですがボチボチ頑張りたいと思います。

昨日は知り合いの方があるお茶会の担当をされるということで出かけてきました。思えば今月は3回も茶会に行きました。当流では現在対外的な茶会をすることはほとんどありませんので、これまでは余り茶会に行くということがありませんでした。

毎年決まった茶会に行ってはおりますが、その茶会は基本的に特定の流派の方がほとんどの限定的な茶会です。そういった茶会ばかりに行っていても、茶道人口の大半を占める千家さんの方の反応はなかなか分かりません。

何度か書いた気もしますが、来年に茶会をすることになっており、その茶会には当流や遠州流系統以外の流派の方が大勢来られる予定です。それで最近は、当流や遠州流系統の流派以外の方(主に千家さん)の取り合わせや反応を見る為に月釜を中心に色々と茶会に行くようにしています。

これまでは他の流派のお茶会に行くと点前を重点的に見ていましたが、最近はお運びの人(茶道では茶碗などを運ぶ人をこう言うことがあります)の動きなどを見ることが多くなりました。他にもお客さん同士の会話にも耳を傾けるようになりました。

そうすると、どういった道具や会話が喜ばれるかということがある程度分かってきます。そういったことをある程度参考にして来年の茶会のことを考えています。しかし、最後はやはり当流らしく、そして私らしい取り合わせや話になるとは思います。

果たしてどんなことになるのでしょうか。
菓子218
先日のお稽古でのお菓子です。近所の鶴屋弦月さんのお菓子で、雁の焼き印の薯蕷饅頭です。もうすぐ10月ですから、そろそろ雁も飛来し始めるのでしょうね。





ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。




テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

茶碗が臭い…


一昨日は秋分の日、お彼岸の中日でしたね。「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますように、この時間になるとかなり涼しくなりました。とはいえ、今日明日の日中は日が差し暑くなるそうですので(今はまだ随分涼しいですが)、すぐに…というわけでもなさそうですね。

突然ですが、皆さんは茶碗が臭いと感じたことはありますか?私は以前茶会でお茶を飲んだ際にかび臭いと感じたことがありました。また、別の茶会では化学薬品のような臭いがする茶碗でお茶を飲んだことがあります。

土物と呼ばれるような表面に釉薬がかかっていない茶碗は水分が浸み込みやすく、その水分などが原因でカビが生えることもあります。目に見えるカビまで発生しなくても、何か茶碗がかび臭いということはしばしばあります。

そういった水分の浸み込みやすい茶碗は長い時間乾燥させる必要があります。当流では基本的には使いませんが、楽茶碗の場合は扱いが大変だと聞きます。使う日の前の晩からぬるま湯につけておき、乾燥も1か月程させると聞いたことがあります。

しかし、忙しいこの現代ではなかなかそんなことは難しいですね。そのせいか分かりませんが、茶会で出てくる楽茶碗がかび臭いということがたまにあります。乾燥が少なかったのか、それとも蔵などにしまい込んだままだったことで埃っぽい臭いがするのかもしれません。

どちらにせよ、茶会で使う楽茶碗は大事にされていることが多く、持っている本人でさえ、その茶碗でお茶を飲むことが少ないのかもしれません。そんな状況ではその茶碗が臭くても分かりませんね。

なので、普段から使っている茶碗でなければ、一度自分でお茶を飲んでみて使い勝手などを確かめることも大事ですね。

なお、茶碗の臭いを取る方法は昔から色々言われており、お湯で煮たり、米びつの中に入れておいたりなど様々な方法があります。ただ、当流では使用しないのでよく分かりませんが、楽茶碗は煮ない方が良いと聞いたこともあります。

蔵の中などにしまっておいて、埃っぽい臭いがついているだけであれば、まずぬるま湯で洗い、だんだんと温度を上げて最後は暑いと感じるくらいのお湯で洗えばたいていは取れるはずです。

一番良い方法は変な臭いをつけないことですから、どんな大事な茶碗でもたまには使用して、よく乾燥させてしまうことが大事でしょうね。

菓子219
先日のお稽古でのお菓子。阿闍梨餅で有名な満月さんの「満月」です。現在は土日祝のみ、本店と金閣寺店で販売されています。




ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。




テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

市内の混雑にびっくり


先日、久しぶりに京都市美術館の辺りから京都駅までバスに乗ったのですが、本来30分程度で着くはずが1時間半程かかりました。京都駅の近くの交差点(塩小路河原町)を曲がるだけで20分くらいかかっていました。なお、曲がりきった後に後ろを見てみるとバスが8台くらい右折待ちをしているような状況でした。

ちなみにその交差点から京都駅までは、歩けば10分かからないと思いますので歩いた方が絶対に早いです…以前も少し書きましたが、京都市では現在「歩く街・京都」を目指しています。バスに乗るよりも歩いた方が早いので「歩く街」なんだと父が言っておりましたが、こんな状況ではまさにその通りですね。

京都市だけでなく、国全体でも観光客を増やそうとしていることを考えると今後が心配です。自家用車で移動しにくいのは仕方ないかもしれませんが、バスなどの公共交通機関でも移動するのも大変であればお手上げですね。

これから紅葉の時期へ向かうとさらなる混雑が予想されますので、近々京都に来られる予定のある方は要注意です。時間にはかなり余裕を持ち、バスなどを含む車での移動ではなく電車での移動を中心に考えた方が良さそうです。

自家用車で色々と回ろうと考えられている方には「悪いことは言わないからやめた方が良い」と伝えたいですね。きっと後悔することになるでしょうから…

菓子217
先日のお稽古でのお菓子。随分前にもご紹介した鶴屋弦月さんのお菓子です。




ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。




小督(こごう)の掛け軸


また更新が滞ってしまいましたが、今日は中秋の名月ですね。何かそういったきっかけがあると書きやすいこともあるのですが、かえって書けなくなってしまうこともあります。まあ、そんなことを言っていても始まりませんので、今日は中秋の名月にちなんだことを書いてみようと思います。

小督1
この軸は当家の先祖のどなたかが描かれたもので、仲国が小督(こごう)を探している場面が描かれています。ちょっと写真では分かりにくいですが、馬に乗った男性が笛を吹いており、向こうには粗末な(と言っても結構立派に見えますが…)家、そして天上には月とこれだけそろえば「ああ、小督と仲国だな」と分かる人には分かります。

分からないからと言って恥ずかしいと思う必要は無いでしょうが、分かった方が素敵な人と思われるかもしれません。どうでも良いですが、こういう時に「知的な人」と思われるか、「インテリぶった嫌な人」と思われるかは結構重要だと思います。

話が逸れましたが、ごく簡単に話のあらすじを。

平安時代末期は高倉天皇の御代、小督という美しく、音楽の才に優れた姫がいました。天皇の寵愛を受けていましたが、中宮の建礼門院徳子の父平清盛に「自分の娘を差し置いて帝の寵愛を一身に受けるとは!」と宮中を追い出されてしまいます。

そして、嵯峨野の辺りへと身を隠します。小督を失った天皇の嘆きは深く、源仲国に小督を呼び戻すように命令します。笛の名手であった仲国は小督が応じてくれることを願い、笛を吹きつつ探します。

すると琴の音が聴こえてきます。その音を頼りに小督を見つけた仲国は小督を都へと連れ帰ります。再び天皇の寵愛を受ける小督は女の子を出産しますが、またも清盛に睨まれ出家させられてしまいます。


このような感じの話が平家物語に残されています。能の「小督」では仲国を小督が見送られて都へと帰りますし、話によって多少内容は変わります。なお、実際には清盛が宮中を追い出し、出家させたわけではないそうです。

この軸に話を戻しますが、この絵には講評がついており、「全体的にもう少し淡い色にした方が良く、特に小督の家の辺りが遠くにあるように色をさらに薄くすべし」といったようなことが落款の下に書かれています。月が明るいとはいえ、夜のことですから淡い雰囲気にした方が良いということでしょうか。

小督2
本来ならこういったことが書かれた絵を表装しないものなのでしょうが、題材も良く、先祖の生活をしのぶことができるので母が表装してもらいました。この時期が近づくと「あの軸にまた会えるな」と楽しみになります。




ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。




お菓子をどうしたものか…?


ついに広島カープが優勝しましたね。実は私は広島とは縁もゆかりもありませんが、小学校に入る前くらいからの広島ファンでした。ただ、私がテレビなどで観戦していると負けることが多いので、昔からできるだけ見ないようにしていました…

そんなことから、今年もリアルタイムで観戦することはほとんどなかったのですが、これでクライマックスシリーズまではテレビで見ることができますね。クライマックスシリーズになれば、また見ないようにしますから、このまま日本一になって欲しいです。

そんな気分の良い今日は知り合いの植木屋さんとお茶会に行ってきました。来年3回のお茶会の予定が入っている私としては最近の茶会事情を調べておくことも大事なことです。

松殿山荘の公開の呈茶は私が担当するようになってもう随分と経ちますが、それ以外の場所でする大寄せの茶会の経験がありませんので、どうしようかな?と迷うことも色々とあります。

今一番悩んでいるのはお菓子についてでしょうか。山荘の公開では干菓子を出しますが、大寄せの茶会の多くでは生菓子が出ます。個人的には薄茶の際には軽い干菓子が一番合うと思っておりますが、「それでは物足りない」と思う方も多いようです。

かと言って余り重いお菓子にすると薄茶の味が分かりにくいと思いますので、その辺りの調整をどうするかというのが当面の課題ですね。まあ、本番までもう少し時間がありますので、よく考えようと思います。

菓子214
こちらは先日のお稽古の際のお菓子で、亀屋良永さんの「白瀧」です。ご紹介が遅れてしまったので、ちょっと時季外れな気がしますが…




ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。




テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

単衣を着るか、薄物を着るか…


先日、「今日は防災の日です」と書いたくせに「もう9月だ」ということが余りピンときていなかったのでしょうか、単衣の着物を準備するのを忘れておりました。先日のお稽古の際に、ちょっとだけ焦りました。まあ、気がついたのがその前の日だったので、特に問題はなかったのですが。

着物を着る際、特に伝統芸能などの習い事で着るときには、いつどの着物を着るかというのはなかなか難しい問題です。中でも、5月の半ばから10月の半ばまでは、袷(あわせ)を着るか、単衣を着るか、薄物を着るかで悩まれる方は非常に多いと思います。

一般的には、6月と9月は単衣、7,8月は薄物、それ以外は袷ということに現在はなっているかと思います。細かなことを言い出すともう少し色々とあるでしょうが、おおざっぱに言ってしまうと、前記のような選択さえしておけば小言を言われることは少ないでしょう。

しかし、そうは言っても6月9月には暑い日もたくさんあります。そんな時に単衣を着るのは辛いでしょうし、最近では5月の終わりになると、夏日となることもありますね。そんな時に無理してその時期の着物を着て熱中症になっては大変です。

そんな時などは無理をしないというのも方法の一つだと私は思います。「この時期にこんな着物を着て!」という人は、あなたの体調が悪くなっても責任を取ってくれるわけではありません。無理をしないことも大事なことだと思います。

ただ、習い事などの行事の際は先生などの意向もあるでしょうから、自分のことだけ考えてというわけにはいかない部分もあることでしょう。また、何か公式の行事などの際には、やはりその時期に応じた着物を選択することも必要になってくるかと思います。

その辺りのさじ加減はなかなか難しいものがありますね。なお、私の場合は基本的には「教科書通り」の着物の選択をしています。男性の場合は、色々と言われることは少ないのですが、もし何か言われた場合反論してしまいそうなので、目立たないようにしています。

こんなことを書くと、「なんだ無理をしないことも必要とか言っているのに、自分は無難な方を選ぶのか」と言われてしまいそうですね。まあ、その辺りは「お茶の先生」という立場も影響しているのかもしれません。それにまだなんとか無理がききますので…

ただ、ちょっと無理をして暑い日に単衣(または袷)を着る場合に、個人的に気をつけて欲しいのは暑そうな素振りを見せないことでしょうか。今の時期なら、心の中では「暑い!」と思っていても、「風が涼しくなり、秋の風情が感じられますね」なんて会話ができると良いかなと思います。

せっかく頑張って単衣や袷を着ていても、扇子などでバタバタ扇いでいるとちょっとカッコ悪い気がします。もちろん無理はいけませんが…

なお、当教室の生徒さんにはそんなしんどい思いをしてもらいたくないので、茶会の依頼を受けたりする際は「袷の時期にしてください」とまず言うようにしています。個人的には「やさしさ」のつもりですが、「経験を積む」という面では物足りなく思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

右勝手2
先日の右勝手のお稽古の様子。普段と茶器と茶碗の向きが違って戸惑います…





ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。




お菓子の鮎と魚のアユ


いよいよ9月になってしまいましたね。今日は防災の日、関東大震災のあった日ですね。関東大震災では多くの名物道具が灰となってしまいました。地震だけでなく、台風などによる豪雨、火山など災害の多い日本ですから、日頃の備えはきっちりとしておきたいですね。

さて、今日は少し紹介が遅れてしまった鮎のお菓子をご紹介しようと思います。
菓子204
若鮎として各地で販売されているお菓子ですが、地域によっては中身が多少異なるようです。関西では鮎と言えば「求肥(ぎゅうひ)」のお菓子と認識している方がほとんどだと思いますが、餡が入っている地域もあるそうです。

私は昔からこのお菓子が好きですが、皮の素朴な味わいと求肥の柔らかさが非常に気に入っています。この写真のお菓子は近所の末廣屋さんのものですから、当然中は求肥のみです。これに餡子が入るというのはちょっと想像ができませんね。

なお、鮎と言えば今年は何度か魚のアユを食べる機会がありました。
食事6
これは友人が作ってくれたのですが、こう見るとお菓子の鮎は随分かわいらしい顔をしていましたが、魚のアユは凛々しい顔つきですね。

アユを食べるときは蓼酢(たです)やスダチなどを添えることが多いかもしれませんが、今回友人は「スダチが切れてしまってレモンでごめん…」と言っておりました。

昔ははらわたの苦みが苦手だったのですが、最近はそう気にならなくなりました。まだ、「この苦みが無いと!」と感じることはありませんが、お酒を飲まない人間としてはそうなることは無いのかもしれません。

魚のアユも良いですが、気軽に食べられるお菓子の鮎の方が私は好きですね。




ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。




テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

山荘流茶道教室

Author:山荘流茶道教室
京都市東山区にて山荘流の茶道教室を開講しております。
静かな環境で非日常を楽しめる教室を目指しています。

初心者の方から丁寧にお教えいたします。もちろん他の流派を習っていた方やブランクのある方も大歓迎です。

ご興味を持たれた方や習ってみたいなと思われた方は、どうぞ気軽にメールフォームからご連絡ください。

リンク等について
当サイトはリンクフリーです。 画像・文章についても自由に引用していただいて構いませんが(「画像提供:東京国立博物館」とあるものを除きます)、引用元の表示とリンクをお願いいたします。
リンク
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
このブログの記事画像
このブログの最近の画像です。よろしければこちらの記事もどうぞ。
最新コメント
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
広告
最新トラックバック