fc2ブログ

ついに袴が…


気がつけば10月も終わりですね。炉の季節もすぐそこまで来ているのですね…何となく物悲しくなるのは季節がそういう時期だからというだけではなく、カープが負けてしまったことも要因の一つなのだと思います。そちらはまた来年に期待しようと思います。

先日、ふと気がついたのですが、普段の稽古用にしている袴に穴が開きそうになっていました。夏の間は暑さ対策と生地の劣化の予防で余り着ないようにしていましたが、ついに限界を迎えてしまいそうです。

当流では基本的に男性は常に袴を着用します。流派によっては、ある資格を取れば袴を着ずに、「十徳」と言われる羽織を着るというところもあるかと思います。しかし、当流ではどんな資格を取っても袴は着ますので、袴が破れると困ります…

今回穴が開きそうな袴は恐らく、5年以上前にかなりお安く仕立てたものだったのですが、随分重宝しました。元々、かなり安かったので稽古用として数えきれない程着ていましたが、結構持ったのかな?と思っています。

和風のお稽古事をしている方でも、なかなか袴など着物を着つぶす方はいらっしゃらないかと思います。もちろん1着しか持っていないとその着物ばかりを着ることになるので早く傷みますが、何着かを着まわしているとそうすぐにダメになるというものでもありません。

そういったことを考えると私もそれなりには稽古したのだなと思います。今後も何着か着つぶすことになるのでしょうが、それくらいしっかりと稽古し続けたいですね。

今回の袴はまだ完全に穴が開いたわけではありませんし、目立つ場所というわけでもありませんので、もうしばらくはお稽古の際には着続けようと思います。さすがに茶会には着ていきませんが…




ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。






スポンサーサイト



客ぶりの稽古


すっかり涼しくなって、朝晩は寒いくらいになりましたね。この気候で体調を崩された方も多いと思いますが、私もその中の一人です。早くこの寒さに慣れないと冬が乗り切れませんので、なんとか体調を早く整えたいです。

先日より当教室の稽古では、来月の松殿山荘の公開に備えて薄茶の稽古を中心にしていただいております。しかし、普段濃茶やもっと別の難しい稽古をされていた方には物足りない部分もあるかな?と思い、客ぶりの稽古もしていただくことにしました。

実際には薄茶の稽古というのは非常に大事だと私は考えていますが、何せ他の点前と比べると時間が短いので「あれ?もう終わり?」と感じてしまうこともあります。当教室に来られる方はそんな風には思われなかったようなので、私の余計なお世話だったのですが、客ぶりの稽古も薄茶と同じように非常に大事なことです。

最近の茶会、特に大勢の人が来られる大寄せ茶会においては、いわゆるメインゲストである「正客(しょうきゃく)」は皆やりたがらない役割と言っても良いかと思います。というのも正客は客側の代表として亭主と話さないといけないので、色々な知識が求められることが多いからです。

ただ、話の上手な人や誠実な人であれば知識がなくとも上手に亭主との会話を進めていくことができますが、なかなか「私は人前で話をするのが上手です」と言える方は少ないかと思います。

そこで、何かの機会を見つけては客ぶりの稽古をするのですが、これがまたなかなか難しいですね。何でもそうだと思いますが、慣れればある程度はこなせるようになるのですが、慣れるまで経験を積む機会が無いというのが難しいところです。

男性の場合は、とりあえず男性だからという理由で正客にされてしまうことがありますが、女性の場合はそういう機会も少ないかもしれません。そういうことから、お茶の先生をされているような方(特に女性)でも正客の経験は少ないということもあります。

私の場合、男性ということもあり、これまで数えきれない程正客をしてきましたので、その点では他の方よりも慣れていると言えるかもしれません。気楽な席から格式高い席までかなり幅広い茶会で正客をしてきましたので、それぞれにどうした方が良いのかということを自分なりに経験できたのも良かったと思います。

ただ、そういった経験を積める人は良いのですが、そうでない方はそういった経験者から教えてもらうのが一番良い方法でしょう。しかし、周りにそういった方がいない場合は、茶会での正客をよく観察することでも勉強できます。

上手な正客であれば、その真似をすれば良いですし、上手でない方であればどうすれば良かったのかを考えることです。そうすれば、かなり色々な対応が身につくことと思います。とはいえ、実際に茶会に行っても、自分のことに精一杯でなかなか正客を観察することまでは難しいかもしれません。

それでも、会話を聞くことくらいはできるかと思います。最初はそこから始めて段々と動作などまで見られるようになる頃には、気楽な席での正客を務めるくらいはできるようになっていると思います。





ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。






テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

今日のお菓子(亀廣保さん)


先日より当家の金木犀の良い香りが漂っています。先月にも良い香りが漂っていましたが、今度は別の木の花が咲いてくれています。これだけ時間差があるのは珍しいように思います。

さて、先日よりお菓子の紹介が続いております今日もお菓子の紹介です。
菓子226
こちらは亀廣保さんの干菓子です。右側は菊、左側の上から月、菊の葉、葉鶏頭(ハゲイトウ)です。ちょうどこのお菓子を使ったお稽古の日は旧暦の重陽の節句(9月9日、今年は10月9日でした)の頃でした。

また、寒露の初候「鴻雁来(こうがんきたる)」の頃でしたので、ちょうど良い時期だったと思います。去年も書いたように思いますが、「葉鶏頭」は別名「雁来紅(がんらいこう)」とも言い、字の如く、雁が飛来して来る頃に紅くなると言われています。

生徒さんにも去年と同じことをお話しましたが、「そう言われたら聞いた気がする」と言われました。他にもしょうもない話をしたのですが、そちらも覚えていらっしゃいました。

器の柄に菊がありますので本当は何か別の器にしたかったのですが、他に良いものが見つかりませんでした。手持ちの中から良い組み合わせを探すというのは難しいことですが、たくさんの器を持っているからといって簡単ということはありません。この辺りが面白く、また難しいところですね。





ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。






テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

今日のお菓子(亀末廣さん)


先日よりパソコンの調子が悪いのか、メールが送信できていないようになっていたようです。メールを送ったけど返信がないという方がいらっしゃいましたら、恐れ入りますが、再度お送りいただければと存じます。

この週末はお稽古三昧でした。土曜日は右勝手のお稽古をして、日曜日は来月の公開に向けて基本的な薄茶の稽古をしていただきました。お稽古に来られる方はそれぞれ別の方なので混乱するということはないでしょうが、私はしっかりと頭を切り替えないと混乱してしまいます。

まあ、慣れれば大したことではないのですが、最初は苦労するかもしれませんね。個人的には全然違う点前が続くよりも、ほんの少し違う点前が続く方が苦手です。

さて、今日はそんな週末のお稽古に使用したお菓子のご紹介を。
菓子224

亀末廣さんの「栗きんとん」です。「あれ?日曜は薄茶の稽古だったのに、生菓子か?普段は薄茶の時は干菓子が良いと言っているのに」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。実は薄茶の稽古以外に濃茶を私が点てて、お客さんの稽古をしていただきました。

肝心のお菓子の感想ですが、やはりこの栗きんとんは美味しいですね。去年このお菓子を食べて「きんとん」への考え方が変わりました。元々「きんとん」は余り好きではなかったのですが、亀末廣さんのきんとんはどれも美味しくいただけるので好きになりました。

今年は去年のことがあったので非常に期待して食べたせいか、一口目は「あれ?」と思いましたが、だんだんと美味しさを感じてきて幸せな気分に浸ることができました。一つ失敗したのは、いつ頃まで販売されているのか聞くのを忘れてしまったことですね。

また近いうちに買いに行って聞いてこようかな…





ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。





テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

今日のお菓子(亀廣保さん)


今日は随分と涼しい一日でしたね。京都では23℃までしか気温が上がらなかったそうです。このくらいの気温だと着物も着やすくなりますね。先日の当教室のお稽古では久しぶりに袷(あわせ)の着物を着ましたが、過ごしやすく助かりました。

さて、今日は久しぶりに干菓子のご紹介を。当教室でも最近は濃茶の稽古をされる方が多くなりましたので、なかなか干菓子を使うことが少なくなりました。

菓子220
今回は亀廣保さんのお菓子で、スズメと鳴子です。スズメはこのような形で表現されることがしばしばありますが、知識として知っていなければちょっと分かりにくいかもしれません。一緒に出した鳴子から想像することができれば良いのですが、鳴子も現代では見ることも無いですからそれも難しいですね。

なお、スズメは一羽だけ向きを変えてみましたが、全部同じ方向を向いていても良いかと思います。この辺りの盛り方はその人の個性が表れて面白いですね。私はなかなか上手に盛れずにいつも悪戦苦闘しております…

今回のお稽古では、もうすぐに迫った松殿山荘の公開に備えて、ベテランの方も薄茶の稽古をしていただきました。先月お休みになっていらした方や、濃茶ばかり稽古していた方など、皆さんそれぞれ薄茶が久しぶりということで一瞬戸惑われていたように思いましたが、すぐにすんなりお点前されていて頼もしい限りでした。

こうやって生徒さんが上達されるところを間近に見られるというのは、教える者の特権だなと改めて感じました。お稽古されているのを見ているだけで幸せな気分になれるように思います。ありがたいことです。




ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。





テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

道具組みが思いつかない…


また更新が滞ってしまいました。このところ何かと忙しい日が続いております。そのせいで先日図書館で借りた本や購入した本がまだ読めておりません。上手く時間をやりくりしないといけませんね。

先日から随分何度か茶会に行き、来年の茶会に向けて色々と構想を練ることができました。色々と考えていたら、もうすでに来月に迫った松殿山荘の公開の呈茶席のことをすっかりと忘れておりました。

慌ててこれまでの道具組みを見直してみましたが、こちらもなかなか決めることが難しそうです。毎年同じ時期となるとどうしても同じような感じになってしまいます。考えようによっては、毎年同じ方が来られるわけではないので、同じような感じでも一向に構わないのかもしれませんが、点前をされる方などにとっても勉強になればと思い工夫するようにはしています。

ただ、余りにも点前が難しくなるような道具組みだと困ります。例えば、お茶が非常に点てづらい茶碗であったり、水指などの口が小さいなどといった具合の道具は避けるようにします。また特殊な扱いを要する道具などを使用すると初めて余り時間が経っていない方に点前をしてもらうことができません。

そういったことなどを考えているとなかなか決まらないものです。昔はサラサラと決まることも多かったのですが、回数が増えてネタが切れてきたのか、考えるべきことが増えたのか、それとも私の閃きが枯渇してきたのか…最後の理由でないことを祈るばかりです。

考えても考えてもどうにもならない時は寝るしかない気がしますので、もう寝ます。それではおやすみなさい。





ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。





テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

一人静かに稽古の時間


毎月書いている気もしますが、もう10月ですね。2週間ほど前からでしょうか、当家の辺りでは金木犀の良い香りが漂っており、自室にいてもその香りを楽しむことができます。この香りが終わると少しずつ冬が近づいてきますね。

さて、昨日は食事前に薄茶、食後に濃茶の稽古を一人でしておりました。このところじっくりと自分の稽古をする時間が取れなかったので、久しぶりに良い稽古ができたと思います。

これは人によって違うと思いますが、私の場合は誰にも見られずに一人で稽古することが大事な時間です。まだそこまで慣れていない方は先生などに見てもらわないと順番や所作がおぼつかないということもあるでしょう。

その段階を超えた時には、一人でじっくりと稽古することの大切さが分かるようになるかと思います。とはいえ、その段階まで達していなくても、自分で稽古するということは非常に大切なことです。ただ、変な癖がついてしまうこともあるので、そこは注意が必要です。

自宅に道具が無い場合は、帛紗さばきをじっくりと稽古することもできます。また、茶筅を振るだけでも十分です。忙しいこの現代において、ほんの少しの時間でも良いので、じっくりと自分と向き合うことは大切なことではないかと思います。

もちろん、茶道だけがその手段ではありませんが、茶道がその手段の一つとして多くの人に取り入れてもらえたらと思っています。

菓子216
完全に紹介する時期を逸してしまいましたが、花子さんの「青楓」だったと思います。写真を撮っていても紹介し忘れているお菓子があったり、ついこの間紹介したのにそれを忘れてまた紹介したりと、色々抜けていて恥ずかしい限りです。





ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。




テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

山荘流茶道教室

Author:山荘流茶道教室
京都市東山区にて山荘流の茶道教室を開講しております。
静かな環境で非日常を楽しめる教室を目指しています。

初心者の方から丁寧にお教えいたします。もちろん他の流派を習っていた方やブランクのある方も大歓迎です。

ご興味を持たれた方や習ってみたいなと思われた方は、どうぞ気軽にメールフォームからご連絡ください。

リンク等について
当サイトはリンクフリーです。 画像・文章についても自由に引用していただいて構いませんが(「画像提供:東京国立博物館」とあるものを除きます)、引用元の表示とリンクをお願いいたします。
リンク
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
このブログの記事画像
このブログの最近の画像です。よろしければこちらの記事もどうぞ。
最新コメント
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
広告
最新トラックバック