fc2ブログ

続・読みの解説


昨日はスーパームーン、一昨日は中秋の名月と「名月」が続きましたね。幸いお天気に恵まれましたので綺麗に見ることができました。

さて今日は以前に解説しておりました読みの続きです。
書2
こちらでしたね。前回は1行目でしたので今日は2行目です。最初の「か」は分かりやすいですね。次の「ら」は少し読みにくいですが、「くれ」は分かりやすいかと思います。続け字になっている部分が少し太いので分かりにくいかもしれません。

「な」は右上の点がありませんが、なんとなく分かるかと思います。ただ、書き方によっては「る」に見えることもありますので注意が必要です。次の「ゐ(い)」は書き始めの横画が無いですが、この字を知っていれば読めるかと思います。

「に(尓)」は頻出文字ですので覚えるしかありませんが、覚えてしまうと読みやすいです。次は漢字の「水」ですね。この中では「一番マシに書けたのでは?」と思います。

次は少し分かりにくいですが、「くゝる」です。踊り字と「る」が分かりにくいですね。1行目の「る」と同じような書き方をしていることを見るとこのような書き方をする方だということですね。書いた人の癖を捉えることも重要です。

最後の「とは」は分かりやすいですね。今回の書は随分読みやすい文字が多かったと思います。ただ、私の字が下手くそで読みにくい部分も多かったかもしれませんが…慣れることで読める字が少しずつ増えていきますので、今後も何とか頑張ってこのシリーズを続けていけるようにしようと思っています。





ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山荘流茶道教室

Author:山荘流茶道教室
京都市東山区にて山荘流の茶道教室を開講しております。
静かな環境で非日常を楽しめる教室を目指しています。

初心者の方から丁寧にお教えいたします。もちろん他の流派を習っていた方やブランクのある方も大歓迎です。

ご興味を持たれた方や習ってみたいなと思われた方は、どうぞ気軽にメールフォームからご連絡ください。

リンク等について
当サイトはリンクフリーです。 画像・文章についても自由に引用していただいて構いませんが(「画像提供:東京国立博物館」とあるものを除きます)、引用元の表示とリンクをお願いいたします。
リンク
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
このブログの記事画像
このブログの最近の画像です。よろしければこちらの記事もどうぞ。
最新コメント
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
広告
最新トラックバック