fc2ブログ

読みの解説


このところ暖かい日が続いておりましたが、明日は寒くなるそうですね。と言ってもそれでも平年よりも高めの気温ということのようですが、ちょっと信じられません。

さて今日は久しぶりの読みの解説シリーズです。もう少し頻繁にできれば良いのですが、書いている時間が余り無いのと、上手に書けないのでこんなペースになってしまっています。

書3
毎回自分の書いたものを撮っていて思うのですが、写真を撮るのは難しいですね…この写真も下の方は光が強いせいか白っぽくなってしまっております。ただ、写真の撮り方どうこうよりも字が悪いのが最も気になります…

今回は

我見ても ひさしくなりぬ すみよしの
きしのひめ松 いくよへぬらむ

と書かれています。これは変体仮名も少なく読みやすいですね。

実際にかかれている字は

我見ても ひさしく奈利ぬ すみよしの
きし乃ひめ松 いくよへぬらむ


ほとんどが今の平仮名と同じ書き方ですから今回は分かりやすかったと思います。一行目の仮名では「な(奈)」と「り(利)」がポイントでしょうか?「な」は右上の点が無いだけですから想像しやすいですね。「り」は何度か解説したように、小さめは「り」、大きければ「わ(和)」と覚えておけばある程度は対応できるかと思います。

他に1行目で読みにくいのは「見」と「も」でしょうか。「見」はこの書体の場合、このように書かれることが多いです。

2行目はなんといっても「ら」でしょう。個人的には「ら」と「む」のつながりが気に入りません…今回はできるだけ分かりやすいようにと思い、大きめに書いてみたのですが、それが失敗のもとだったかもしれません。

なんとか頑張って稽古してもっと上手に書けるようになれればと思います。




ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。







関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山荘流茶道教室

Author:山荘流茶道教室
京都市東山区にて山荘流の茶道教室を開講しております。
静かな環境で非日常を楽しめる教室を目指しています。

初心者の方から丁寧にお教えいたします。もちろん他の流派を習っていた方やブランクのある方も大歓迎です。

ご興味を持たれた方や習ってみたいなと思われた方は、どうぞ気軽にメールフォームからご連絡ください。

リンク等について
当サイトはリンクフリーです。 画像・文章についても自由に引用していただいて構いませんが(「画像提供:東京国立博物館」とあるものを除きます)、引用元の表示とリンクをお願いいたします。
リンク
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
このブログの記事画像
このブログの最近の画像です。よろしければこちらの記事もどうぞ。
最新コメント
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
広告
最新トラックバック