fc2ブログ

続・読みの解説(白玉か…)


今日も暑かったですね。しかし、そろそろ8月も終わりに近づきましたので、だんだんと涼しくなってくれることと思います。茶会の準備など色々と課題も多いですが、なんとか頑張っていきたいです。

さて、今日は先日の読みの解説の続きです。
書4
こちらでしたね。しかし、何度見ても字と字のつながり(連綿)の部分が気に入りません。まあ、こればかりは日々の精進しかありませんね。

今回は2行目ですが、

つゆとこ多へて きえなまし物を


と書かれています。

つまり、

露と答えて 消えなましものを


ということですね。

今回のポイントは頻出文字の「多=た」くらいでしょうか?案外「つ」も読みづらいかもしれませんが、それは私の書き方の部分もあると思います。個人的には「え」が出てきたのは少し珍しい気がしました。その前に「へ」で「え」と読んでいるので重複を避けたのかもしれませんね。

これで全て読めましたね。伊勢物語の有名な六段(「芥川」として古典の教科書などによく掲載されていますね)の

白玉か なにぞと 人の問ひし時
露とこたへて 消えなましものを


の和歌ですね。

「あれは白玉(真珠)ですか?何ですか?」とあなたが尋ねた時に
「あれは露ですよ」と答えて消えてしまえば良かったのに…


といったところでしょうか。

今回の部分はだいぶ読みやすかったのではないでしょうか?慣れてくるともっと読めるようになります。しかし、書体が変わるとまた苦労します。そういう意味では他の書体もご紹介できると良いのですが、私が書けませんので厳しいですね。しかし、この書体であっても、こんな書ではいけませんね。もっと精進しなければ!




ランキング参加中です。
↓こちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
いつもご協力ありがとうございます。




関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

> 拍手コメント様

コメントありがとうございます。

いえいえ、本当にお恥ずかしい限りです。手本があるのでなんとか書いているふりをしていますが、「さあ自由に書いてごらん」と言われると絶対に書けないです…
昔の人は凄いなあと心から思います。

今後ともよろしくお願いいたします。
プロフィール

山荘流茶道教室

Author:山荘流茶道教室
京都市東山区にて山荘流の茶道教室を開講しております。
静かな環境で非日常を楽しめる教室を目指しています。

初心者の方から丁寧にお教えいたします。もちろん他の流派を習っていた方やブランクのある方も大歓迎です。

ご興味を持たれた方や習ってみたいなと思われた方は、どうぞ気軽にメールフォームからご連絡ください。

リンク等について
当サイトはリンクフリーです。 画像・文章についても自由に引用していただいて構いませんが(「画像提供:東京国立博物館」とあるものを除きます)、引用元の表示とリンクをお願いいたします。
リンク
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
このブログの記事画像
このブログの最近の画像です。よろしければこちらの記事もどうぞ。
最新コメント
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
広告
最新トラックバック